黒ずみを消す方法

脇の黒ずみは豆乳ローションで解消できる?

投稿日:2017年4月10日 更新日:

豆乳ローションの口コミ

豆乳ローションは脱毛効果でムダ毛が生えなくなるとネットの口コミでも人気のローション。

TVで取り上げられてからは市販品はもちろん手作り派も多い豆乳ローションですが黒ずみにも効果があるのか調べてみました。

豆乳ローションはどんな効果があるの?黒ずみには効く?

豆乳ローションの口コミ

豆乳ローションはまさしく大豆から作られた化粧水です。

大豆にはイソフラボンが含まれておりこのイソブラボンは女性ホルモンの「エストロゲン」に似た作用をすると言われています。

そのため更年期障害の顔のほてり、めまいなどに効果があると言われ人気です。

女性ホルモンに似た作用をするというところから抑毛効果があると言われていて抑毛ローションの成分などにもよく使用されています。

さらにイソフラボンは抗酸化作用が高いのでお肌の老化防止効果と美肌効果も兼ね備えているんですよ。

しかし、黒ずみへの効果は黒ずみ解消の美白効果などは特にありません。

豆乳ローションが黒ずみに効果がある!との口コミは抑毛効果から自己処理が少なくなり、結果的に黒ずみが緩和したからではないでしょうか。

簡単にできる!手作り豆乳ローションの作り方

テレビでも放送されていたり作り方も簡単なことから豆乳ローションは手作りするという方も多いです。

手作り豆乳ローションの作り方

【材料】

  • 豆乳 250ml(無調整豆乳)
  • レモン汁30cc またはレモン1個
  • 消毒用エタノール大さじ1と1/2
  • 煮沸したスプレーボトル

【作り方】

  1. 豆乳250mlをお鍋に入れて弱火で軽く温めます。
  2. 60度くらいになったらレモン汁(30cc)または良く洗ってカットしたレモン1個を入れます。
  3. 再び弱火で温めフチに小さな泡ができたら火をとめて消毒用エタノール大さじ1と1/2を入れ混ぜます。
  4. ガーゼで濾したらスプレーボトルに入れて使いましょう。

手作りの豆乳ローションは防腐剤などが入っていないため必ず冷蔵庫で保管し早め(1~2週間)に使い切るようにしてください。

すぐ使わない時は冷凍しておくと半年程度なら保管できますのでとても便利ですよ。

豆乳ローションの使い方

豆乳ローションの口コミ

豆乳ローションは全身に使うことができます。お風呂上がりに、ボディローションの代わりに肌に塗りましょう。

保湿効果もあるので、カミソリなどで脇のムダ毛処理をした後につけるのも効果的です。直接つけてもいいですし、コットンにたっぷりつけて、パッティングしたり、脇に5分程度はりつけてパックするのもいいでしょう。

ドラッグストアや通販で買える市販の豆乳ローション

ドラッグストア

豆乳イソフラボン(なめらか本舗)

通販

パイナップル豆乳ローション(鈴木ハーブ研究所)
ネオ豆乳ローション (DR.TAKAHAMA)
サラサリス(BeANCA)

豆乳ローションに脱毛・抑毛効果はあるの?

豆乳ローションの口コミ

男性ホルモンが過剰に分泌されると毛母細胞の働きが活性化し体毛が濃くなってしまいます。

豆乳ローションの配合されている大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た作用をするために体毛を抑制し抑毛効果があると言われていますがイソフラボンに抑毛効果があるというはっきりとしたエビデンスがありません。

美肌効果などは期待できるかもしれませんが脱毛・抑毛効果を期待するのは難しいと思います。

脇の黒ずみの主な原因はムダ毛処理による色素沈着です。脇の下の皮膚はとても薄いので、カミソリや脱毛器、毛抜きなどで脱毛したり、剃ったりするとダメージを受けやすいのです。皮膚は刺激によるダメージを受けると、防御機能が働いて、メラニン色素が過剰に分泌されます。メラニンで皮膚を守ろうとするのです。だから、処理をすればするほど黒ずみは濃くなっていきます。豆乳ローションは、女性ホルモンに似た成分のイソフラボンを含有しているので、発毛を抑制する効果があります。ムダ毛が生えにくくなると、ワキゲを処理する頻度が減り、肌へのダメージが少なくなって、結果的に黒ずみを解消していくことができます。

-黒ずみを消す方法

Copyright© 脇・乳首・デリケートゾーンの黒ずみ解消!【HINAの美白計画】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.